起業時に不動産担保ローンにしたのは正解でした

利益を目的にしていないため1%以下の金利で借入

まず民間では交渉しても出来ない利率という事になっていました。
おかげで今の事業は軌道に乗っていて、ローンは完済していますし無借金での仕事が出来ているというのは大きな意義があると考えています。
自分はローンの金利というものがどうにも納得が出来ないものがあって、人が汗水たらして獲得しているお金を金利という意味不明なもので獲得できるというシステムには合点がいかないわけです。
何しろ借りる金額が多くなればそれに応じて金利負担金額も多くなるというわけですから、このシステムの理由は何というように考えてしまう訳です。
モノ売買したというのであれば、それは多く売った人ほど利益は多くなるというのは当然の考え方ですが、それがお金の貸し借りでその考えで良いのかというようにも考えてしまう訳です。
銀行を含めた金融機関の利益の出し方というのは、経済活動を支援しているようで、逆に止めてもいるような気もしますから、この金利という考え方はあまり賛成できないモノがあります。

起業時に不動産担保ローンを利用日本政策金融公庫の不動産担保ローン利益を目的にしていないため1%以下の金利で借入不動産担保ローンを利用して生活が豊かになりました